未分類

#switch joy-con勢がプロコンを使ってみたらjoy-conで十分だった。

左joy-conの調子が悪くなったのでプロコンを買ってみたFMYKです。というわけでjoy-con勢がプロコンを評価しようというのが今回の内容です。
結論から言うとjoy-conで十分です!!

なぜjoy-conにこだわったのか。

正確にはjoy-conにこだわったのではなく、周辺機器はおまけという認識でプロコンを避けていました。
今回ちょうど左joy-conの下入力認識感度がとても悪くなったので、コントローラーの交換ついでにプロコンを試そうと購入しました。

はっきりと僕の考えを言うと「パッケージに使えないものを入れないだろ」という考えです。

結論

冒頭にも書きましたが僕の結論はjoy-conで十分というものです。
ただこれはプロコンとの比較で「アケコンは必要です!!」(ww

joy-conとプロコンを比較した所見を一言で表すと「大きいか小さいか」となります。
手が小さいと思う方は特にjoy-conの方が無難だと思います。

では具体的なポイントをおさえていきましょう。
(なおこれは数字化しておらずFMYKの操作した感覚、感想です)

アナログスティック

プロコンはjoy-conの1.5倍ほど傾ける幅が必要だと思います。
実際観察するとわかるのですがjoy-conは直径の1/4ほどで端まで倒れますが、プロコンは1/2ほどになります。どっちがいいかは好みなので避けます。
この幅がひろいと細かい調整がしやすくなりますが、最大値までの速度は狭いほうが速くなります。

基本的なボタン

キーボードにはキーストロークという言葉があって、これはキーの沈み込む深さです。
今回はボタンストロークですかね。
こちらもjoy-conの方が浅いです。プロコンは深いですが、しっかりと押した感触が有ります。
正直ここの部分に関しては、押すのが深いから反応が遅れるというレベルではないと思います。
この少しの差にこだわるならまさにプロだと思いますが、そこの速さを選ぶならjoy-conでしょう。

ジャイロ操作

これに関してはどちらも変わりないと思います。
しかしjoy-conとプロコンを比較すると重さがかなり違います。
joy-conでは身体で傾きを知覚するのに対して、プロコンではその重量でコントローラーの傾きを感じることができます。
重いのは嫌いという人もいるのと同様、軽すぎて感触がないのは不安という方もいるので好みですね。

プロコンは必要ないの?

実際問題必要ないというか、好みやこだわりの問題だと思います。
やはりあった道具を使うのは大事でしょう。
全体として言うと細かい制御がしやすいプロコンと素早い対応のしやすいjoy-conですね。

あと一つ大きな差としてあるのは、プロコンは「有線接続」出来るという点です。
ただこの有線接続中はamiiboの読み込みが出来ませんが、設定すれば繋いだり外したりするだけです。
もしjoy-conが通信不良(bluetoothを使っています)を起こすならプロコンの方がいいです。
ちなみに主な原因は同じ無線機器、電子レンジ、極端な金属品(金属のケーツやケーブルの束)です。
もし本体を移動できるならそれも手かもしれません。

最後に

よくプロコンは必要やあったほうがいいという意見を聞くので、そうでもないよねという記事を描かせて頂きました。
ただどちらもなれだと思いますし、プロコンは「十字キー」というものもあります。
プロコンの持つ有利性も確かにあるので必要な方は、購入するのをおすすめします。

あとこれ大事かなと思うんですが、joy-conを本体からつけたり外したりを繰り返すとやはり劣化します。
僕のjoy-conはロックがゆるくなっており、ちょっと押し込むとロック解除しなくても外れます。
特に通常利用で問題は起きませんが、やはり付け外しの繰り返しは劣化につながります。
その点プロコンはusbの抜き差し等なので消耗による劣化はjoy-conより少ないでしょう。
ここもプロコンを選ぶ理由になると思います。

ただほんとに繰り返しますか、どっちもどっちです。

あまりプロコンじゃなきゃ!とならずに、適切な道具をお使いいただければとおいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です