DoA 格闘

#DoA5LR ココが魅せ場だっ!簡単操作のド派手演出!!

では設定を開いてレジェンドを選……いやなんでもないです。FMYKです。

DoA5LRのここがポイント!

Dead or Alive 5 Last Round(以後DoA5LR)はステージ演出がとても魅力的な3D格闘ゲームです。
今回はこのDoA5LRを楽しむ上でおさえておきたい攻撃をご紹介します。

クリティカルバースト:いわゆるピヨリ。これが決まると少しの間相手は何も出来なくなる。
パワーランチャー:もんのすごいアッパー(嘘)ライフ枠が赤くなったときに使える浮かせ技。
パワーブロー:いわゆる超必殺技。最初が当たれば最後まで自動。ライフ枠が赤くなったときに使える。

崖っぷちデンジャー:いわゆるアクション映画(違)ステージ落下直前キャラが転がる特殊演出が入るとチャンス

FMYKのおすすめはブロー、デンジャー、バースト、ランチャーの順ですね。
今回の記事は初心者向けなのでデンジャーとブローを中心にご紹介します。

簡単操作でフルボッコ!パワーフロー!!

パワーブローは1試合(1本)1回、ライフの枠が赤いときに使えます。(ランチャーとあわせて1回)
基本的に←P+Kや↙P+K、↖P+Kだったりします。半回転とかいりません。
この入力をした時P+Kをしばらく押すとキャラの周りに旋風のような煙がたちます。
この状態でボタンを離すと前に踏み込み攻撃を1回します。
この1回の攻撃が当たれば連続攻撃、当たらなければ(ガードされても)1回で攻撃は止まります。
ちなみにきっちり当たるまで何回も出せます。

この技は最後に相手を大きく吹き飛ばすのですが、ステージによってはオブジェクトが赤く光ります。この赤く光るオブジェクトが明るくなるようにレバーなり十字キーでずらしてあげるとそこ目掛けてふきとばします。場合によってはそこから追撃できるステージもあったり。

出すまでの隙が大きく当てにくいですが、後述するクリティカルバーストからつなぐことが出来ます。

最後まで自動でつながる連続技、そして後半に出るキャラのアップ映像。ぜひ見て下さい!!

究極の選択!入力一つでド派手な空中攻撃崖っぷちデンジャー!

特定のステージで発生する崖っぷちデンジャー。基本的には柵などに吹き飛ばした時勢い余って落ちる感じになります。
この際受け手は崖に掴まるかそのまま落ちるか選ぶことになります。何かボタンを押せば掴まります。
ちなみに落ちてもお得なことはないので基本掴まります。

この落ちたほうが掴まった状態で駆け引きが発生するのが崖っぷちデンジャー。
打撃と投げの2種類、専用攻撃が用意されています。
単純にPかKで打撃、T(H+P)で投げとなります。
これをお互いに読み合い受け手はHでガードするかT(H+P)で投げ抜けをするかになります。
打撃はローリスク・ローリターン。ダメージも少なめですが失敗してもデメリットはないです。
投げはハイリスク・ハイリターン。ダメージは多めですが返されると仕掛けたほうがダメージを受けます。

めったに見れない大技がみれますので機会があれば積極的に狙って下さい!壁に吹き飛ばすだけです!

これで相手は無防備だ!クリティカルバーストで流れを作れ!

キャラによって入力は違いますが基本一つだけクリティカルバーストという技があります。
このゲームにはクリティカル状態というよろけがあり、そこに追撃をし最後に浮かすかバーストさせます。もちろん吹き飛ばしたりするのもありです。

このクリティカルバーストは特に制限はなくいつでも出せますが、大技なので隙が大きめです。
隙が大きいですがクリティカル状態の相手は攻撃できないのでクリティカルの最後に出す分には問題ないです。ホールドには気をつけましょう。

このクリティカルから追撃し、最後にバーストを決めると大きな破裂音とともに撃ち抜くエフェクトが出ます。こうなると相手はホールドも何もできなくなり、完全に無防備です。

この状態で相手が倒れるまで1発攻撃が入るので浮かしてもいいですが、狙えるならパワーブローを狙いましょう。パワーブローが決まったのを見てからすぐ入力すればチャージは間に合います。

DoA5LRでクリティカルバーストを扱えるようになれば、コンボの基本はほぼおさえたと言えるでしょう。

飛んでけー!相手をかなり上に打ち上げるパワーランチャー!!

パワーランチャーはパワーブローと同じように出します。
パワーブローが自動で殴り続けるのに対して、パワーランチャーは浮かすだけです。

格闘ゲームでは体重が設定されており浮きにくいキャラもいますが、パワーランチャーは関係なく同じ高さに打ち上げます。

うまく攻撃をつなぐことでパワーブローよりダメージを稼げますが難しいので最初はブローをおすすめします。

最後に

今回はうまくやるとこより目立つことを中心に説明してみました。
基本無料でキャラクターごと、衣装ごとに課金が出来るというゲームなのでプレイヤーも増えているようです。
そんな無料からとりあえずはじめてみた人が定着するように記事を少しずつ重ねていきたいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です