dead or alive5

#DoA5LR 初心者向けコンボの基本実技編

気持ちよくゲーム出来ていますか?FMYKです。
前回はコンボの構成、仕組みの解説でした。
今回は実際どうなのかをやって行こうと思います。

この記事のまとめ

  • 前回のおさらい
  • 今回のお題
  • 選択肢
  • まとめ

前回のおさらい

DoAは格闘ゲームなのでダメージを奪い合うゲーム
効率よく確実にダメージを稼ぐためにコンボがある

今回のお題

今回はトレーニングモードにある、コンボチャレンジ
かすみのクリティカルバーストにチャンレジします。

コンボとしては
→→P
P
←H+K
→P+K
➘➘P
↓P
PKK→K

となります。

中身を解説しましょう。
最初の→→Pでクリティカルが始まります。
これが成功すれば相手は積極的に動けません。

ここからクリティカルコンボ。
クリティカルにはレベルがあり
クリティカル状態に追撃することで
レベルを上げていけます。
レベルを上げるとクリティカルバーストが
可能となる他、浮かし技も高くなります。
今回はPと←H+Kがクリティカルコンボです。
ちなみに←H+Kは尻もちダウンとなります。
細かい説明は今はしませんが尻もちダウンは
クリティカル以上に動きが制限されるチャンスです。

→P+K。
ここでクリティカルバーストが入ります。
この時、相手は完全に無防備となります。
ダウンするまで1手好きな打撃を入れられ
その時間は慣れるとパワーブローも安定します。

➘➘Pは浮かし技でここから空中コンボ。
ここからの流れは頻度も多いので
しっかり繰り返して覚えていきましょう。

選択肢

さて注意したいのがホールドです。
全キャラクリティカルバーストは一つ
(一部二つ持つキャラもいる)
なのでクリティカルバーストは読みやすく
ホールドの対象となりやすいです。

対策としてクリティカルバースト(→P+K)を
あきらめて浮かせる、壁コンボにつなぐなど
クリティカルバーストを省き〆ます。
クリティカル状態は投げが入らないので
能動的な選択としては打撃系オンリーです。

相手がホールドをするという前提で投げも有り。
ただ相手がホールドをしないと成立しないので
安定するのは打撃です。
手持ちの選択が少なく、読み負ける時に絡めて
行くと効果的でしょう。

今回はたまたまクリティカルバーストと
打撃属性が同じなので本来なら意味が無いのですが
どんな風に展開するのか理解するために
→P+Kを抜いてやってみましょう。
ちゃんと決まればどちらも同じようにあたりはずです。

まとめ

クリティカルバーストは読まれやすい。

基本は打撃からの浮かせ技。

投げは相手がホールドしないと成立しない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。