dead or alive5

#DoA5LR 最初に覚えることは難しくない

この記事のまとめ

  • まずは10個、数は多いが中身は簡単
  • まずは崩す、ダメージは最後に狙う
  • 肝となるのはホールドという反撃システム
  • 揺さぶる、崩す、キメる


気持ちよくゲーム出来ていますか?FMYKです。
格闘ゲームでよく聞くのがコマンドが大変や
覚えることがたくさんあるなど
始める段階の敷居の高さです。

今回は一つの目安として何を覚えればいいのかまとめました。

まずは10個、数は多いが中身は簡単

10個!?と思うかもしれませんが、やればすぐです。
まずは上段攻撃からのクリティカル
PP→PPだったり↑Pだったりいろいろあります。
PPからクリティカルに出来ると素敵。

次は中段、これはキックとパンチ揃えます。
↘PPと→K(K)とかが分かりやすいかと。

この3つのうち二つを使うと
クリティカルを温めることが出来ます。

次は浮かし技。
これは最低二つ
まずはクリティカルバーストをチェック
それ以外の属性で浮かし技を見つけましょう。
バーストが中段パンチなら中段キックと上段
バーストが中段キックなら中段パンチと上段
つまりバースト含め3つ覚えるということですね

ここまできたらあとは4つ。
ここからはばらばらになります。
↓↘→や←→からの単発大技
これは距離、判定が強く吹き飛ばし性能も高い。
ただ隙が大きいのが問題ですが慣れるまでは
とても頼りになる切り札になります。
そしてパワーブロー技。
これはコマンドリスト中に赤く「PB」と
書かれているのを探してください。
これは1発当てれば最後まで自動的に当たる
いわゆる奥義です。当てられるかどうかは
最初は置いておいて狙う気持ちは持ったほうが
いいでしょう。
次は投技、これは→投げでいいでしょう。
最後は

お気に入りの技!

かわいいでも格好いいでもなんでもいいです。
自分のテンションが上がる技を見つけましょう!

まずは崩す、ダメージは最後に狙う

このゲームはいきなり一発逆転は出来ません。
ただ1回崩れたとこに攻撃を加えて逆転は出来ます。
崩すチャンスや仕切り直すチャンスは色んな所に有ります。

ダメージを狙うゲームではありますがこれは
浮かしてからの追撃で安定したダメージを狙えます。
なのでダメージは後半にしてまず崩しましょう。

肝となるのはホールドという反撃システム

まず崩したいのですが、このゲームにはホールドという
システムが有り、殴られていても立っていればいつでも
反撃するチャンスがしっかりあります。

ただこのホールドは基本的にピンポイントで
相手の攻撃を捕まえる必要があります。

この読みは通常
上段、中段パンチ、中段キック、下段の4つ

下段は慣れるまで有効には使いにくいので
上段と中段2種を覚えましょうというのが中身です。

これで3つ読ませれば捕まる1/3になります。

揺さぶる、崩す、キメる

細かく言うと間合いや速さ、あたり具合の強さ等
いろいろと使うものはあるのですうがそこはあと

まずは基本となる殴り合い
それに必要になる上中下段の揺さぶりと
当ててからの崩し
そして浮かしからのダメージ確保

DoAは基本的にこの繰り返しです。

これを繰り返す中での駆け引きを楽しむゲームです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。