over watch

OW初心者向け練習メニュー(PS4)

気持ちよくゲーム出来ていますか?FMYKです。
今回は自分の練習メニューを作るため色々と
まとめた成果をご案内します。

この記事のまとめ

  • 動画にまとめました
  • 全体のポイント
  • エイムは必要?
  • 要点まとめ

動画にまとめました

百聞は一見にしかずという方はまずこちらをどうぞ。

構成としては

  • プレイヤーは1人、または少人数
  • 必要に応じて味方AIに回復要員をセット
  • 敵に回復要員を多数置く

全体のポイント

敵に回復要員を大量に置くことで
手早く倒す必要性を作る。
さっさとしないと倒せない。

全員がアナだと攻撃と回復が同一行動なので
フレンドリファイヤが発生する。
無駄な敵弾をある程度抑えられる。

驚異的な火力があるわけではないが
気を遣っていないとデスする。
程よい緊張感

設定が楽。
未調整なので実践感覚の射撃ができる。
そのまま実戦に応用可能

エイムは必要?

シンプルなエイム練習なら他にもあります。
ここでは差別化も含めてなぜここに落ち着いたか
軽くまとめさせていただきます。

動画でも案内しましたが

エイム練習は何を求めてやりますか??
基本的に狙い通りに弾を当てたいからですよね
じゃぁなんで弾を当てたいのか。
手早く効率良く倒したいからですよね。

ある程度戦術論や立ち回り、距離感など
身についているなら最終的にエイムです。
ただ初心者のうちは効率のいい間合い
効率のいい狙い方、スキルの使い方
立ち位置や射撃位置などなど
学ぶ内容はたくさんあります。

なので全体的にバランスよく学ぶために
今回の実戦に近い練習をしました。
これで僕は数日で優先度の確認や
着弾までの時間差や火力計算など
いろいろ修正出来ました。

エイムは結局殲滅力を上げる要素です。
まだまだ伸びしろがあるうちは
どんどん複合的練習をしたほうがいいでしょう

要点まとめ

回復要員をたくさんおいて
回復される前に倒す癖をつける。

スキルディレイを体で覚え
引き際や攻め時を自分で作る。

相手ダメージは基本自分が与えたもの
仲間の弾がないのでダメージ効率が計測出来る

 

僕はこれからもこのメニューを続けようと思います。

今後も動画や配信をしていきますので
よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。